ジフェンヒドラミンの代用品を使って早漏対策

ジフェンヒドラミンは睡眠導入剤などに使われている成分ですが、この成分は早漏に効果があるとされています。早漏に効果があるということで、ジフェンヒドラミンが配合されている市販の睡眠導入剤を使って早漏対策を行っている男性も多いでしょうが、早漏を抑えることができるほどの効果はあまり実感できないようです。早漏を抑えたいのであれば早漏専門の治療薬を用いるのが最適です。

このジフェンヒドラミンの代用品となるのが抗うつ剤であり、実際早漏治療薬として抗うつ剤が使われています。うつ病患者さんが抗うつ剤を用いることで、射精が遅れるようになったという副作用から開発されました。射精を遅らせる治療薬として抗うつ剤が代用されています。多くの男性に副作用が生じない医薬品として知られますのが、高い効果と安全性が見込まれています。一部常用すると情緒不安定の症状がみられるという報告もありますが、抗うつ剤の成分量よりも少なくなっていますのでその可能性は低いです。

抗うつ剤が代用品として射精を遅らせるプロセスは、興奮を抑える物質が少ないことから興奮を抑えきれずに射精をしてしまいます。それを防ぐために内服薬でその物質を取り込み、興奮を抑えることで射精を遅らせることになります。性行為の前に服用することで効果を出し、数時間持続性がありますので、性行為を楽しむには十分な効果があります。

その他に射精を遅らせる代用品もあります。男性器の感覚を鈍くさせて、刺激の伝達を遅らせる医薬品です。直接男性器に塗布したり、スプレータイプの医薬品もあります。射精を遅らせる医薬品選びに大切なことは、自分に合っている製品を見つけて使うことです。レビューで良いものを見つけても決して自分に合うものとは言えませんので気を付けてください。