早漏であるPE症を知って早漏薬で改善しよう

アルファベットで表記する男性特有の症状として勃起不全であるED、そして男性脱毛症であるAGAに続きPE症があります。EDやAGAに比べるとまだまだ市民権を得ていませんが、男性であれば深刻に考えていきたいPE症は早漏を意味しています。我慢しているのだけれど射精をしてしまう、また意図しないところで射精してしまうという症状が一般的なPE症です。それくらいなんてことないと考える人も多いですが、パートナーとの成功が円滑に行われなくなることから、パートナーとの仲に亀裂が入ったり、浮気といったことも引き越される深刻な事態へと発展することもあります。

この早漏は早漏薬を用いることで改善することができます。以前までの早漏薬というのは、ペニスに塗ったり吹き付けたりして、感度を鈍らせたりする製品が主でしたが、現在の早漏薬は早漏のメカニズムをうまくとらえており、非常に効果があることがわかっています。早漏の男性は、性的興奮を得たら分泌されるノルアドレナリンをうまく調節できなくなることから射精してしまいます。このノルアドレナリンを抑える効果があるセロトニンが少ないこともわかっており、このセロトニンを分泌しやすくすれば、ノルアドレナリンと対抗でき、早漏を改善することが可能です。

セロトニンをうまく分泌させるために内服薬を服用することで改善します。性行為をする1時間ほど前に服用し、そして持続性もありますので、1度のベッドインで数回の性行為をするくらいであれば充分に対応することが可能です。自分で服用しますので、従来のペニスに塗りつけたりするタイプの医薬品とは違い、パートナーに発覚することも少ないですので、使い勝手が良い早漏薬になります。